太宰のカオスとトランスサタニアンー「星を人に預けると、人生は狂いはじめる」

Sharing "SENSEIKIKAGAKU" on :

自分の星を他者に渡すということ

太宰のカオスは、月を女性に預け過ぎていることに起因する。

占星術に於いて月は女性・太陽は男性を意味し、自分で自分の月や太陽を使わない場合、それは他者に預けられ、自分の星を投影する形になります。

男性は月を、女性は太陽を(主に)異性に預けます。月と太陽は個人の人生そのものと言っても過言ではない大きな役割を担う天体ですから、人生の主導権を失う様なもの。

なので、月や太陽を預け過ぎてしまうと、人生が上手く回らなくなります。この傾向は、月や太陽にトランスサタニアンが絡むと顕著に現れます。不倫で仕事を失った芸能人によく見られるアスペクトです。片方が預けている場合は、もう片方も預けている場合が多いです。

誰でも少なからず人は自分の星を他者へ投影します。「人の振り見て我が振り直せ」とか「他人は自分の映し鏡」と言われる様に、使われていない星を周囲の人が使います。そこから自分の使えていない星を学び(人との関わりの中で人生哲学を学んでいくこと)、自分で使えるようになりますが、学ぶことを放棄して相手に頼りすぎると依存になり、それは占星術的に言えば”星を依存する”ということでもあります。


太宰治の人生とホロスコープ

太宰治という人は、5回の自殺未遂の末、6回目の自殺(女性同伴)で亡くなります。 わたしとしては「死」のイメージの方が強いのですが、「太宰」と言うと「女」というイメージなのでしょうか。「死」を公にするのはやはりタブーな感じなのでしょうか。

彼は双子座の太陽と冥王星がコンジャンクション、月と金星(こちらも女性を表します)は蟹座で海王星とトリプルコンジャンクション、このトリプルに天王星がオポジションです。

  • 月・金星・蟹座 / 家庭・社会との繋がり
  • 土星・牡羊座 / アイデンティティー
  • キロン・水瓶座 / 個性・独自性
  • 天王星・山羊座 / 社会性
  • 太陽・冥王星・ドラゴンヘッド・双子座 / 創造性

出生時刻は不明なのでハウスはわかりませんが、上記のキーワードから、生まれに関するコンプレックスや何らかの課題があったものと思われます 。家柄から離れて自分で自分の道を切り開いていくことで安らげる居場所を創る必要があったと思います。

Wikipediaによると、大地主という良い家柄に生まれ秀才であったにも関わらず自分を卑下する発言や、就職に失敗して自殺未遂をしたり、最後の死も「小説を書くのが嫌になったから」とあります。

歴史的文豪ですから成功を収めている様に見えますが、太陽と冥王星がコンジャンクションしているので、理想と現実の差が大きくなる傾向にあり、本人は満足出来ていなかったという事だと思います。

人生の課題を越えられなかった太宰は月を女性に預け、現実逃避をはかっていたのでしょう。

自分で使えない星は堕落します。

海王星が絡んでいるので、女性に麻薬的な夢を見て依存する。2回、女性と共に自殺を試みました。蟹座なので2人だけの世界にどっぷり浸かって一緒に自殺。カルモチン自殺をはかったりパビナール中毒だったりと、月と金星だけでなく海王星も堕落。

月(欲求)・金星(楽しみ)・海王星(夢)。生きる上での希望となる星が尽く堕落してしまえば、もはや自殺は妥当とも言えます。

地上を生きる意味が失われてしまったのです。


と、考えてみたけれど、色々読むとやっぱり太宰の苦悩は生の方。生きる苦悩が愛の苦悩を生んでいる。

性エネルギーである男性性と女性性は子(個性)を生み出す力、創造力です。

本来、自分の中の男性性と女性性を統合して個性を生み出すべきエネルギーですが、それを預けてしまうと自分の中の男性性と女性性が極端にバランスを崩します。

創造力が正しく発揮されると豊かさを生み、バランスが崩れると苦悩を生む。

最近、身近で月と海王星・天王星がオポジション、月と冥王星がトラインで太陽を預け、痛い目にあった人を目の当たりにしました。わたし自身も太陽と冥王星が合、月と天王星・海王星がトラインで、過去、やはり男性に太陽を預けて辛い思いをした経験があります。月はソフトなので、そこまでハードではなかった‥と思っていますが、冥王星とハードを持っているひとは、そう思ってるのは自分だけだと書かれていたりもしますので、この感覚が正しいかどうかは定かではありません(笑


トランスサタニアンが絡む絡まないに関わらず、自分で自分の星を使うことはとても大切ですが、月か太陽がトランスサタニアンとハードに絡む方は破滅的・壊滅的ダメージを負う可能性が高いので、特に預けてはいけないと感じます。

ホロスコープは、人に預ける前提にはなっていません。「自分で使う」が大前提なのです。

運が悪いとか、恋愛が上手く行かないと感じる方は、自分の星を使うこと(生き甲斐を見つけて夢中になること)に注力するといいと思います。