001: 牡羊座01度

課題を明確にし、意思決定のために必要な要素を集め「どうするべきか」に答えを出す

  • 自分自身を含め、周囲を良く観察する
  • 情報収集

牡羊座01度A WOMAN JUST RISEN FROM THE SEA. A SEAL IS EMBRACING HER. 
たった今、海から上がって来たばかりの女性をアザラシが抱き締めている

 まず、セルキーについて語らなければなりません。
セルキーとは、神話に登場する“アザラシから人間の姿に変身する種族”です。
普段は海中で生活をしていますが、陸に上がる時には「アザラシの皮」を脱いで人間になると言われています。
女性がアザラシに抱かれているのではなく、アザラシの皮を脱いで女性が出てきたシーンがそう見えたのではないかと思いました。

「人魚姫」をイメージするとわかりやすいと思います。
海から陸に生活の拠点を移すということは、とても大きな変化です。
魚座の30度から牡羊座の1度は、魂が肉体に宿り、人生がはじまることを意味します。
それは魂にとっての全く新しい経験を指し示します。
つまり、牡羊座の1度は新しい世界に生まれたばかりの存在状態を指し示すのです。

 新しい人生という大きな挑戦を前にしていますが、まだ生きていく術を持ちません。
『ここ(地球)で自分は何をするべきなのか』『何をするためにここに来たのか』
そして、それを達成するためには何が必要なのか。
何もかもが不確かなもので満ち溢れています。

「どうしたらいいかわからない」という状態は、情報不足によるものです。
まず自分の置かれている状況を良く観察し「何について答えを出すべきなのか(課題)」を明確にすること。
そして「答え」を導き出すための情報を集める。


このサビアンシンボルを上手く使えると ⇒ 問題解決能力が磨かれます。

牡羊座の1度は全てのはじまりの度数です。
課題を明確にすること、そして情報収集からの意思決定は物事をスタートさせる重要な要素です。
この度数が磨かれると、“進展”させていく力が身に付き人生が停滞することがなくなります。
常に進化・成長していける人になるでしょう。


ドデカテモリ―: 牡羊座(反) 意志が明確でない状態は牡羊座のネガティブな側面です。
まだ1度なので、サインの性質を活かせる段階にありません。

度数: 01度 サインの潜在的な可能性を育てるために「何をするべきか」を模索する度数。